沖縄県ホテル旅館生活衛生同業組合・那覇市観光ホテル旅館事業協同組合公式サイト - ニュース

ニュース

新型コロナウイルス感染症の影響による特別貸付等のご案内

新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が県内で初めて確認されたことを受けて今後の影響が懸念されております。
沖縄振興開発金融公庫や県中小企業支援課では、金融支援融資貸付を実施いたします。また労働局では事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、賃金等の一部を助成する制度があります。
詳しくは下記資料を確認ダウンロードいただき是非ご活用ください。


〇2月21日から実施−沖縄振興開発金融公庫
「新型コロナウイルス感染症にかかる衛生環境激変特別融資」
http://www.oah-net.or.jp/news/file/05300.pdf

〇2月3日から実施−沖縄県商工労働部中小企業支援課
「新型コロナウイルス感染症で影響を受けた事業者に対する中小企業セーフティネット資金」  ⇒https://www.pref.okinawa.jp/site/shoko/keiei/kinyu/documents/tijinintei.pdf


〇既存制度の特例措置−厚生労働省・都道府県労働局「雇用調整助成金」
https://www.mhlw.go.jp/content/000596026.pdf


宿泊施設における新型コロナウイルス感染症への対応について 2020/2/17(月)

今般、旅館ホテル等の宿泊施設における新型コロナウイルス感染症への対応についての留意事項が、沖縄県保健医療部衛生薬務課経由で厚生労働省より通知がありました。
そこで、営業者が日頃留意すべき事項や感染が疑われる宿泊者が発生した場合、感染が疑われる宿泊者に接触対応した場合等の従業員の対策、その他の参考情報を添付資料にお知らせします。

状況が日々変動するなか、継続して情報提供をしてまいりますので、組合員施設におかれましては、社内での連携体制を整え、お客様の対応、従業員の健康管理に備えてください。


*[PDF書類]

Be.Okinawaインバウンド医療通訳コールセンター

沖縄県では、外国人観光客が体調不良の際に対応する無料サービス「インバウンド医療通訳コールセンター」を整備しております。
宿泊客が体調不良を訴えた際に、宿泊施設の電話からコールセンターへお電話をすると、常駐している看護師等の医療職の担当者が症状の聞き取りを行い、助言や多言語対応可能なクリニック等の案内を行います。
つきましては、この制度をフロント等で外国人観光客へ掲示できる表示物(両面印刷すると、裏面は日本語表記)や利用方法ガイドの資料を、PDF資料をダウンロードいただき、スムーズな対応ができるよう、ぜひご活用ください。


*[PDF書類] *[PDF書類]

かりゆしウエア展示即売所 休業のお知らせ(期間:2/1〜3/1)

表題の通り、かりゆしウエア展示即売所は2020年3月2日(月)からの新作発売準備期間のため休業とさせていただきます。
お客様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。




かりゆしウエア展示即売所

<休業期間>
 2020年2月1日(土)〜3月1日(日)
※土曜・日曜・祝祭日はお休み



【問合せ】
沖縄県ホテル旅館生活衛生同業組合
☎098−861−4166

CSF(豚コレラ)に関する情報提供について 2020/1/16(木)

添付画像 令和2年1月8日にうるま市の養豚場で、県内では33年ぶりとなるCSDが確認されました。
沖縄県では感染拡大の防止に全力で取り組んでいるところではございますが、発生に伴う県産豚肉に対する風評被害も懸念されます。
つきましては、県保健医療部衛生薬務課より、正しい知識を理解し、県民や観光客の不安を解消するためのQ&A(出展:農林水産省ホームページ)の提供がありましたので、下記のPDFをダウンロードいただき観光客への対応にご拡張ください。

なお、衛生薬務課によりますと、現地点で県内ではCSFワクチンの豚への接種は行っておりません。


*[PDF書類]